鎖骨骨折に対して、鎖骨固定帯(クラビクルバンド)を使用してはいけないという考え方

鎖骨骨折は、転倒したときに手をいて鎖骨にたわむような力がかかった時や、鎖骨部分を直接ぶつけた際に発生します。

一般的な処置法としては、クラビクルバンドを装着して三角巾で手をつるようになると思います。

鎖骨骨折では、骨折の仕方にもよりますが、骨片の転位方向(骨がずれる方向)が大体決まっています。

まずは、他の骨折と同じように、骨片転位がある場合は転位を修正します。

骨のずれを治した後は治した骨の位置を維持するための固定が重要です。

一般的に固定に使用されることが多い鎖骨固定帯(クラビクルバンド)ですが、整形外科の先生の中でも使用しないほうが良いという意見の先生もいらっしゃいます。

ましてや、レントゲンを撮影してすぐにバンドを巻いてもいけません。

その前にやるべきことがあるんですね。

今回のブログでは、当院の鎖骨骨折に対しての考え方についてご紹介します。

鎖骨骨折とは

 

鎖骨には骨の形状により弱い部分があり、たわんでいる部分で骨折します。中外3分の1の部分や外端部に発生します。

骨折の仕方や骨折を起こした年齢によりレントゲンに写ってくる画像に変化が出ます。

若木を折ったような若木骨折や、一本の骨が3つに割れてしまい第3骨片が出来てしまう場合もあります。

骨折を起こした時の力の加わり方や筋肉や腕の重みの影響で骨片転位が発生します。

鎖骨骨折の際に影響を及ぼす筋肉

鎖骨骨折の転位(骨のずれ)は中枢片と末梢片で骨のずれ方が違います。中枢片は首に近い側で末梢片は肩に近い方です。

下のイラストのように中枢片は胸鎖乳突筋によって後上方に転位し末梢片は腕の重みにより下方に転位します。それと、胸筋・鎖骨下筋・背筋群の影響により短縮転位を起こします。

しかし最近は、中枢片の転位をさせると言われてきた胸鎖乳突筋は、鎖骨への付着状態、また患者様が受傷後に首をかしげて来院される(胸鎖乳突筋を緩めて痛みを和らげようとするため)ことから、中枢片の骨片転位には影響が少ないという理論が発表されています。

鎖骨骨折で気をつける事

鎖骨骨折は、折れる前の状態に100%綺麗に戻すということは構造上難しい部分がありますが、体の機能的には問題なく治ります。

その中でも、鎖骨骨折を治療する際に注意する事があります。以下に思いつくものをあげてみます。

  • 転位状況を改善させる事
  • 胸郭を拡大する事
  • 腕の重みを減らす事
  • 整復する際には腕神経叢に注意する事

鎖骨骨折の施術法

まずは、なんにしても転位している骨の状態を元の位置に戻すことが第一優先です。

年齢を問わず、大体の鎖骨骨折は骨片転位がありますので、最初にいい状態に戻しておく必要があります。すぐに、バンドを巻いて三角巾でてをつってはいけません。

整復に当たっては末梢片を中枢片に合わせていきます。鎖骨骨折の転位が大きいままですと、偽関節(骨がつかない状態)が発生したり、転位が大きいまま骨癒合すると変形が目立ったり、鎖骨の下を通る神経の圧迫が起きたりします。

当院では鎖骨骨折に対する整復台がありますので、年齢や体の状態を考えて可能な方には使用します。

整復台の上で胸を張った姿勢を維持しておくことで短縮転位が改善されます。整復台に乗れない方は別の方法で行います。

短縮転位を除去した後は末梢片を中枢片に合わせるように整復をします。

当院では、整復後にエコー検査をして骨のずれ具合をチェックします。

鎖骨骨折の固定法

鎖骨骨折に対しての固定法で、多くみられるのは鎖骨固定帯(クラビクルバンド)と三角巾による固定が一般的ではないかと思います。

ただ、一般的に多く使用されるクラビクルバンドですが、バンドを巻いた際のバンドの位置に問題があり、末梢片の転位を助長する(骨のずれを大きくしてしまう)から使用しない方がいいという意見があります。

ましてや、このバンドを巻いていれば骨のずれが治っていくわけでもありません。

上記のことから、当院では使用していません。

当院での固定方法

当院では、鎖骨骨折の固定に対しては胸郭を拡大する事と腕の重みをとることに重点をおきます。

先程の整復台にて骨片が良い状態に戻ればそのままの状態で固定に入ります。詳細に関してはノウハウがありますので記載しません。

固定期間は、中外1/3境界部の定型的な骨折のタイプであれば3~4週間位の固定となり、外端部の骨折だと少し長くなります。

当院では可能な限り通院していただき、骨片が安定してくるまでは整復台に乗ってもらい、鎖骨の短縮転位をとるようにします。

また、骨のつきをよくするために微弱電流通電をします。

肩関節の拘縮がみられる方には、固定を外した後に、BFI療法をします。

拘縮の改善にはBFI療法をすると、従来の運動療法よりも回復スピードが早まります。

鎖骨骨折に対するまとめ

鎖骨骨折で大事な事は、上肢の重みによって発生した末梢片の転位と、胸筋などによって発生した短縮転位を除去する事です。

鎖骨骨折をなるべくきれいに治すためには、クラビクルバンドを巻いて三角巾で手をつってればいいわけではありません。

施術はもちろんの事、日常生活での過ごし方や寝方なども注意する必要があります。

先述した通り、構造上100%骨折前の状態に戻すと言う事は困難ですが、ある程度転位が戻せれば、日常生活にも問題なく回復します。

繰り返しますが、大体の鎖骨骨折は骨片転位があるため、骨片転位を整復せずに変形が残った状態で骨がついてしまうと、肩幅が骨折した側だけ短縮してしまいます。受傷後10日位までが勝負です。

それ以上日数が経過してしまうと、骨が安定してしまうので、ずれた骨をいい位置に戻すためには再骨折させる状態になり、患者様自体が非常に痛みを伴います。

骨がつき始めるまでの間、なるべくいい位置に戻しておくことが大切です。

特に女性の方は夏場などファッションによっては外見上目立ってしまいますので、極力きれいに治しておきたいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

蛯原接骨院2代目院長です。怪我と痛みの専門家として、教科書通りの施術ではなく、代々伝わる伝統的な施術と最新の知識・技術を取り入れて、怪我の施術を行っています。また、茨城県内では数少ない、脳と痛みの関係に注目した痛みの治療を行っています。交通事故はもちろんの事、怪我や怪我の後遺症にお悩みの方、身体の痛みに対し、何をやっても良くならない・どこへ行っても良くならないという方を、一人でも多く救いたいという思いからブログでの発信を行っています。