踵の痛み(踵骨棘)について・扁平足が原因と言われ足底板(インソール)を装着した症例のご紹介(保険外対応)

踵の痛みも年齢や生活スタイルによって、痛みの出る場所に違いがあります。痛みが強くなると、足をつくのが困難になり日常生活が大変になります。

当院にも踵の痛みで来院される患者様がいらっしゃいますが、患部を治療するだけでは症状が改善していかない患者様もいらっしゃいます。

今回のブログでは踵骨棘が原因と言われている踵の痛みについて、実際の症例をもとに当院の考え方をご紹介致します。

踵骨棘とは

上の図は、内側から見た踵をアップにしたイラストになります。

青い丸で囲まれた部分が踵骨棘と言われているものです。とんがっていて見るからに痛そうですよね。

踵骨棘とは、踵の骨に付着する足底腱膜という筋肉に引っ張られて骨が隆起したものの事を指します。

当院に来院された実際の症例

年齢

67歳

性別

女性

痛みの出た原因

友達と電車で上野に行ってきた帰りに痛みが発生。歩行中に突然、痛み出したとの事でした。

来院までの経緯

今までは痛くなると、自宅近くの接骨院で施術をうけていた。

今回は、夫に勧められて、レントゲン撮影のために整形外科を受診する。

診察では、痛みの原因には扁平足が影響しているという事を言われ、レントゲンでは踵骨棘が発見されました。

病院の先生は、レントゲンを指差して「この棘が痛みの原因です!」と説明されたようです。

患者さんの性格にもよりますが、この時のインパクトというのは結構、頭に残ります。

また、「治療して痛みが引かなければ、この棘を削った方がいいかもしれません」とも言われたようです。

病院では、痛み止めと湿布を処方され、扁平足対策のために、インソールを作成しました。

当院初診時の症状

当院に来院されたのは痛みが出てから1ヶ月半後でした。当院のホームページをご覧になり来院されました。

初診時の症状は、患部の圧痛と腫脹、痛みのために跛行を呈する(足を引きずる)状態でした。

エコー検査をすると確かに踵骨棘が確認できました。

病院を受診して作成してもらったインソールは、足に当たってかえって痛みがでるため使っていないとの事でした。(結構、こういう方は多いです)

当院での施術法

当院でも、以前は踵の痛みに対しては踵に対しての教科書通りの治療をおこなっていましたが、踵の治療だけでは痛みの引きが悪いという印象がありました。

踵の痛みに限ったことではありませんが、以前のブログでもご紹介したように、痛みの出ている場所は結果であって原因でないということがあります。

診療のベースとして、脳疲労の事を考えて施術に当たります。

この方の場合にも、踵の痛みが出る前に脳疲労が起きるであろう原因がありました。

また、「痛みが取れなかったら手術です」という言葉が頭に残り、心に不安もあったようです。

※脳疲労とは、体の疲労と同じように忙しかったり、ストレスがあったり、不安があったりすると発生します。また、脳疲労は年齢を問わず発生します。

体の一部を動かす為には、その場所のみが働けば動かせるわけではなく、その関節を動かす為の様々な筋肉や腱、また遠く離れた筋肉や関節などが働いて、はじめてその動作が成立します。

例えば、足の指を曲げ伸ばしするにあたっても、足の裏の足底腱膜・足首回りの腱や筋肉のみならず、すねやふくらはぎの筋肉・膝回りの腱や筋肉が作用し合っています。

脳疲労が原因で痛みが発生すると、それらの関連する筋肉や関節にも緊張や可動域制限が表れます。

また、自律神経のバランスも崩れますので、自律神経症状が出る方もいらっしゃいます。

施術は、脳疲労を回復させるためのBFI療法をメインとし、患部の治療を組み合わせて行いました。

この患者さんの場合は、当院への来院時には脳疲労の原因となる出来事がすでに解決していたので、比較的早期に痛みの改善が見られました。

踵骨棘のまとめ

踵骨棘が原因と言われている踵の痛みも、レントゲンに写っている棘が痛みの原因ではありません。また、扁平足が原因でもありません。(インソールをつけなくても良くなります)

「画像上の、ヘルニアや変形などの形の異常と痛みやしびれの症状に結びつきはない」という事を認識して頂きたいと思います。

治療法や理論によって色々な考え方がありますが、当院ではBFI療法の「痛みの原因には脳疲労が関係する」考え方に基づき、患者さんの施術に当たっています。

踵の痛みがあって治療を受けているけどなかなか良くならない方、踵骨棘だけではなく、アキレス腱の痛みやお子さんに見られるシーバー病なども同じく脳疲労が関係しています。

お困りの際は、ご相談・ご来院お待ちしております。

お問い合わせ・ご相談

    当院の治療法や料金またはご自身の症状について、わからない点やご相談などございましたら

        • こちらからお気軽にご相談ください。

            • 治療費はいくらですか?
            • 予約制ですか?
            • どんな治療をしますか?
            • 何時頃が混雑してますか?

     

     

     

            • これまでには「連絡してみて良かった」というお声もいただきました。

              • どんな些細な事でもお気軽にご相談ください。

    お電話でのお問い合わせ

      029-872-2653

                          • お電話でのお問い合わせは受付時間内にお願い致します。

       

      フォームでのお問い合わせ(24時間受付)

LINE公式アカウント 登録のご案内
    ブログの更新状況や健康情報をお伝えします。
      また、当院との連絡手段にもご利用ください。
      友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

蛯原接骨院2代目院長です。怪我と痛みの専門家として、教科書通りの施術ではなく、代々伝わる伝統的な施術と最新の知識・技術を取り入れて、怪我の施術を行っています。また、茨城県内では数少ない、脳と痛みの関係に注目した痛みの治療を行っています。交通事故はもちろんの事、怪我や怪我の後遺症にお悩みの方、身体の痛みに対し、何をやっても良くならない・どこへ行っても良くならないという方を、一人でも多く救いたいという思いからブログでの発信を行っています。