プロフィール

院長蛯原吉正


数ある接骨院のホームページの中から、当院のホームページをご覧いただき有難う御座います。

はじめまして、「けがと痛みの専門家」蛯原吉正です。

当院では日々の臨床において、純粋に患者様のけがと痛みについて追究しています。捻挫・骨折・脱臼などのけがに対しては、昔から伝わる「無血整復技法」(骨折・脱臼の治し方)と新しい知見を取り入れた施術を患者様に提供しております。また、痛みやしびれについては「脳と痛みの関係」について注目し、「BFI療法」という他院にはないソフトで優しい施術を患者様に提供しております。

このブログをお読みのあなたの痛みにも、必ず原因があり治療法が存在します。
どこに行っても治らない・いろんな治療をしたが良くならないという方はぜひ、蛯原接骨院にお越し下さい。

テーピング講習・コラム執筆・大会救護、喜んでお引き受けいたします。

活動実績

現在は日々の診療の他、骨折・脱臼に関する研修会の役員をしています。同じ役員の先生方と講師のもと、同業の先生達に向けて骨折・脱臼の治し方の実技指導をしております。

その他、コラム執筆やスポーツ大会救護も行っています。

・スノーワークショップ様 リハビリテーション講座のコラム

柔道大会の救護経験があります。

プロフィール

・1975年3月29日生まれ・千葉県柏市出身
・血液型:A型
・趣味:海釣り(船釣り全般)・食べ歩き・スノーボード・沖縄旅行
・講道館柔道3段
・出身高校:流通経済大学付属柏高校
・専門学校:日本柔道整復専門学校

経歴

茨城県取手市(旧藤代町)福田接骨院にて研修開始
平成8年柔道整復師国家試験合格
野村医院(茨城県龍ケ崎市)田渕整形外科(東京都世田谷区)へ出向

接骨院での研修終了後の勤務先

あおば整形外科(埼玉県北浦和)勤務

わかば整形外科(千葉県南流山)勤務

望クリニック(東京都豊島区)勤務

妻と結婚を機に蛯原接骨院院長となる

【所属】
公益社団法人日本柔道整復師会
公益社団法人茨城県柔道整復師会
整骨研究会「賜恩」企画編集委員
無血研究会会員
BFI研究会会員
BFI認定インストラクター
BFI認定院

接骨院の先生になろうと思ったきっかけ

私が接骨院を初めて受診したのが、小学校2年生の時に転んで肘を骨折した時でした。骨折した時の骨のずれを数人の先生に直してもらった記憶が、今も残っております。

中学校時代から柔道を始め、高校は、地元では強豪の高校へ進学し、勉強よりも柔道中心の高校生活でした。柔道の練習量の増加とともにけがをする機会も増え、接骨院へ通院する機会もさらに増えました。中学から始めた柔道経験は接骨院の先生とともにありました。

将来の進路を考える際に、幼少より身近にあった接骨院の先生になろうと思い、専門学校への進学を決めました。

けがと痛みの専門家になるまで

高校卒業後は、茨城県取手市の福田接骨院に住み込みで6年間お世話になりました。研修中は朝の掃除から始まり通学・研修といろいろな経験をしました。骨折・脱臼の患者さんが多く来院される接骨院で、四肢の骨折は経験していないものがない位にさまざまな骨折の症例を経験しました。その時の経験や心構えが、今現在のけがに対する施術の土台となっております。この研修中に奥さんとの出会いがありました。

将来、開業した時の事を考え、高価な医療機器に頼らず、患者様の痛みに対しての施術を身につけたいという思いから、「AKA-博田法」(関節を動かして痛みをとる方法)という手技を学びに、池袋にある望クリニックの住田先生にお世話になりました。望クリニックには、日本全国から痛みやしびれでお悩みの患者様が来院されました。望クリニックでの経験は、痛みに対して、学校教育や接骨院研修で学んだ教科書通りの知識や技術を、大きく軌道修正していくきっかけとなりました。

開業までにしっかりと下積みをしたと思っておりましたが、いざ、自分が院長という立場で患者様の施術に当たると、知識不足や技術不足を痛感する時が多々ありました。時には、患者様より厳しいお言葉をいただいた事も有ります。このままではいけないと思い、セミナー難民となっていたところ、後輩の先生からからBFI研究会代表の三上先生の話を聞き、BFI療法を学び始めました。

けがと痛みを勉強して25年になります。「けがと痛みの専門家」として、一般的な教科書通りの内容ではなく「けがについての知識や、痛みの真実についても情報発信したい」という思いがあり、今現在に至ります。

最後に

長引く痛みやしびれにも必ず原因があります。体に不調がある時は、「この痛みは良くなるだろうか?」「この痛みの原因はなんだろうか?」等、とても不安になります。そのように不安を抱えたままでは症状の経過も不安定になり、治るまでに時間がかかります。

当院のブログが、患者様の症状に対する不安解消のきっかけとなっていただけると幸いです。痛みやしびれのない生活を取り戻すお手伝いをさせてください。一人でも多くの患者様に、当院を受診して良かったと思っていただけるように頑張ります。患者様のうれしい報告やうれしそうなお顔が元気の源です。

蛯原久美子

プロフィール

・茨城県牛久市出身
・血液型:B型
・趣味:食べ歩き・スノーボード・沖縄旅行
・講道館柔道初段
・出身高校:竜ケ崎第一高等学校
・専門学校:日本柔道整復専門学校

経歴

茨城県取手市(旧藤代町)福田接骨院にて研修開始
平成9年柔道整復師国家試験合格
野村医院(茨城県龍ケ崎市)へ出向

接骨院での研修終後、母(先代)と蛯原接骨院を開業

女性特有のお悩みもご相談下さい

私は現在、小・中学生の2児の母親です。仕事を続けながら妊娠~育児期を過ごしました。

妊娠期~産後・授乳中の女性は、ホルモンバランスが大きく変化することに加え、妊娠による体形・姿勢の変化や、育児による体への負担の増加で、いろいろな体の痛みが出やすくなります。私も、妊娠期は腰や股関節、産後は手首や背中・腰の痛みに困った事もありました。

妊娠~育児期の体の痛みにお悩みの方、私の経験に基づいてのご説明や、身体への負担を軽減するためのアドバイスなど、微力ながらお手伝いが出来るかと思います。赤ちゃんや小さなお子様連れでの来院も、なるべくお母さんの負担にならずにできるように工夫しておりますので、お悩みの方はぜひご相談ください。

また、女性特有の悩み事をお抱えの方もいらっしゃると思います。悩み事やいろいろな思いは、外に吐き出さないと、体に症状となって表れてくる場合が多々あります。そんな時はお話や治療で不安や悩みが解消されると、今までとは違った生活が送れます。皆様の快適な生活を取り戻すお手伝いをさせて戴ければ、と思います。