オスグッド・シュラッター病について・大腿四頭筋のストレッチは必要ありません・痛みでお困りの際は茨城県牛久市の蛯原接骨院へ(保険外対応)

最近、オスグッド・シュラッター病の患者様の来院が続けてみられます。

オスグッド・シュラッター病は成長期の活発な男子に多くみられます。私もかつて経験しましたが、結構痛いしつらいものです。

オスグッド・シュラッター病に対する治療法もいろいろですが、患部に注目しているだけでは、痛みが長引く傾向にあります。

今回のブログでは、当院のオスグットに対する考え方と施術法についてご紹介します。

膝関節の構造

骨模型写真の赤丸で囲まれている部分が脛骨粗面です。
大腿四頭筋は骨盤から出発する大腿直筋と大腿骨から出発する外側広筋・中間広筋・内側広筋の4つの筋肉で膝蓋骨を介して脛骨粗面に付着します。

大腿四頭筋の主な働きは膝関節の伸展(膝関節を伸ばす)させる働きで、大腿直筋は股関節を屈曲させる働きもあります。

オスグッド・シュラッター病の名前の由来

1903年にアメリカの整形外科医ロバート・ベイリー・オスグッドとスイスの外科医カール・シュラッターが別々に症例を発表したことから、この名がついたと言われています。

オスグッド・シュラッター病とは?

オスグッド・シュラッター病の病態としては、大腿四頭筋の過度な収縮を繰り返すことにより脛骨粗面が刺激を受けて痛みや、脛骨粗面部の膨隆が発症します。好発年齢は小学校高学年~中学生に多くみられ、男子に多く発生します。

症状

  • 脛骨粗面部の圧痛(押した痛み)
  • 脛骨粗面部の膨隆
  • 膝関節の屈曲時痛(曲げた痛み)
  • 運動時痛

上記が主な症状です。また、これらの症状がオスグッド・シュラッター病であることの判断材料にもなります。

治療

  • 運動の禁止
  • 大腿四頭筋のストレッチング
  • 装具装着
  • 物理療法

上記が一般的な治療法です。

当院でのオスグッド・シュラッター病に対する考え方

当院では、まずは時間をかけて問診をします。そして、痛みの出ている部位と痛みに関係している部位のチェックをします。

まずは、痛みの部位や膝関節の動きのチェックをし、その後にエコー検査をします。

エコー像

上の写真はオスグッド・シュラッター病が発症していない脛骨粗面部のエコー像です。

赤い丸で囲まれた部分が大腿四頭筋によって牽引され、隆起します。

症状が長期になるほど膨隆が大きくなっていきます。

痛みが落ち着いても脛骨粗面は隆起したままになってしまいますが、外見上の変化以外には、骨の成長や日常生活への影響はありませんので、その点はご安心下さい。

患部外のチェック

オスグッド・シュラッター病の場合も、患部外をチェックする必要があります。痛みの出ている膝部分のみを見ていては良くなりません。

当院では頚部や腰部・股関節などの痛みや動きのチェックをします。

それと、痛みに関係する脳疲労についても必ずお聞きします。

当院の施術方法

オスグッド・シュラッター病の場合も、患部外や脳疲労に関してもチェックすると、必ず原因となる関連部位や脳疲労が存在します。

患部の施術と、患部よりも重要な患部外の施術も行います。大体の場合は脳疲労が関係していますのでBFI療法も行います。

補助として、低周波通電や微弱電流通電をします。

あとは、運動量の調節をします。運動量に関しては、本人の希望をお聞きし、運動量を決めるようにします。

運動をする場合はシュラッテルバンドやキネシオテーピングを利用していただく場合もあります。

大腿四頭筋のストレッチ

ちなみに一般的には行われることが多い大腿四頭筋のストレッチですが、当院では行わず、患者様への指導もしません。

その理由としては、大腿四頭筋の硬さが痛みの真の原因ではないからです。

脛骨粗面に痛みを出している原因が他に存在します。

以前、他院から転院されてきた患者様のお母さんに「前に通院していた接骨院では、施術の度に痛いストレッチをされ、接骨院を出た後に痛くて泣くんですよ。」といった事もありました。

痛みの出ている膝に対して負荷のかかるストレッチをすると言う事は、まだ小さな患者様に対しては拷問以外の何物でもないと考えます。

また、一生懸命ストレッチをしても症状の解決には繋がらないんですね。

痛い膝に対して無理にストレッチをしなくても、当院での施術によって痛みも引いていきますし、大腿四頭筋の柔軟性も出てきます。

まとめ

オスグット・シュラッター病も患部外に目を向ける必要があります。

患部外にも目を向けると必ず、患部外の部位に症状が出現しています。

また、脳疲労も密接に関係します。

子供ながらにも、体はもとより、脳が疲れている状態が発生していることが多くあります。

その原因としては、勉強や部活の事であったり、コーチや先生との事であったり、家庭内の事であったり友人との事であったりと、実にさまざまなものがあります。

運動での疲れも、筋肉の疲労ではなく脳疲労が原因ですという報告もあります。

運動量が多い子ほど脳疲労が起きやすい傾向もあります。

オスグッド・シュラッター病の痛みが改善しないでお困りの方、膝に電気治療をしてストレッチしているだけでは痛みの改善が厳しいと思います。

また、湿布を貼って様子を見てはいけません。

早期に施術をする事により、運動復帰までの時間が短縮されます。

以前も、ご紹介したように、脳疲労による痛みは、シップや飲み薬や電気治療では改善しません。

学生生活はあっという間ですし、痛みで運動ができない我が子を見ているのもつらいものがありますよね。

お困りの際は、当院にご相談またはご来院ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

蛯原接骨院2代目院長です。怪我と痛みの専門家として、教科書通りの施術ではなく、代々伝わる伝統的な施術と最新の知識・技術を取り入れて、怪我の施術を行っています。また、茨城県内では数少ない、脳と痛みの関係に注目した痛みの治療を行っています。交通事故はもちろんの事、怪我や怪我の後遺症にお悩みの方、身体の痛みに対し、何をやっても良くならない・どこへ行っても良くならないという方を、一人でも多く救いたいという思いからブログでの発信を行っています。