超音波観察装置(エコー検査)のご案内・当院では捻挫・骨折・脱臼・肉離れ等の怪我に対し超音波観察装置による検査が可能です

超音波観察装置

超音波骨観察装置
HS-2200 本多電子

当院にある超音波観察器は、ポータブルでありながら、超音波診断画像はトップクラスの画質であり、診断部位の状況を細部までくっきりと映し出すことが可能です。

骨折はもとより、レントゲンでは写らない筋肉や靱帯の損傷部位の内出血または膝の水腫の状態を診る事ができます。また、成長時期のお子さんにおいては、レントゲンには写らない関節周囲の状態が観察できます。

問診・視診・触診と併せて正確な病態の把握ができます。患部画像を大きく拡大して観察ができ、また各方向からの観察が可能です。病院で行う一般的なレントゲン検査と比較してのメリットは、放射線被ばくのように人体に対する影響が全くなく、安全であることです。(妊婦の方の胎児の観察にも使われている機械です)

ご自分のお体の中で気になる箇所などありましたら、お気軽にご相談ください。

参考画像(右1指基節骨骨折)

 

レントゲン写真

白い丸で囲った部分が骨折部です。

レントゲン検査をする前に超音波観察装置(エコー検査)をご利用ください

けがをすると「レントゲンを撮らなくちゃ」となる方が多いと思います。当院所有の超音波観察装置ではレントゲン写真と比べても遜色ない画像観察が可能です。レントゲンでは写らない内出血や腱・筋肉の状態がみられます。超音波観察装置(エコー検査)をしていただく事で不必要なレントゲン検査を減らす事ができ、放射線による被曝を減らせます。

ただ、保険制度の関係で、骨折・脱臼の後療法に関しては医師の同意が必要になりますので、骨折の疑いが濃厚な症例に対しましては、当院よりご紹介いたします医療機関でのレントゲン検査が必要となります。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

蛯原接骨院2代目院長です。怪我と痛みの専門家として、教科書通りの施術ではなく、代々伝わる伝統的な施術と最新の知識・技術を取り入れて、怪我の施術を行っています。また、茨城県内では数少ない、脳と痛みの関係に注目した痛みの治療を行っています。交通事故はもちろんの事、怪我や怪我の後遺症にお悩みの方、身体の痛みに対し、何をやっても良くならない・どこへ行っても良くならないという方を、一人でも多く救いたいという思いからブログでの発信を行っています。