第27回・整骨研究会「賜恩」実技研修会を埼玉県春日部市の東部地域振興ふれあい拠点施設「ふれあいキューブ」にて開催しました

以前、当院のブログでご紹介しましたが、去る平成31年2月17日(日)、埼玉県春日部市の東部地域振興ふれあい拠点施設「ふれあいキューブ」にて、第27回整骨研究会「賜恩」実技研修会(骨折・脱臼に関する勉強会)を開催しました。

今回もはるばる九州から参加された先生がいらっしゃいました。

当日は「上腕骨顆上骨折」伸展型について研修しました。まず、講師による解剖を含めた骨折の理論に関する講義を受けました。その後、骨折のずれを治すための整復動作の練習を繰り返し行いました。

上腕骨顆上骨折とは、上腕骨の内顆と外顆の上で発生した骨折の事を言います。下の写真は左ひじの骨の模型です。黒いラインが典型的な顆上骨折の骨折線です。

研修会後は場所を変えて懇親会も行われました。懇親会の中でも会員から講師への質問があり骨折に関する議論が繰り広げられました。

今回研修した上腕骨顆上骨折は、保存療法(手術をしないで治す方法)で治療していくためには施術者にはかなりの熟練度が必要になります。この骨折の手術後に発生した指先の神経まひの症例を目にした事も有ります。今後もより、知識や技術の研鑽を続け、患者様のお力になれるよう努力したいと思っております。

上腕骨顆上骨折の講義は、今後シリーズ化され繰り返し行われる予定です。次回研修会開催の際も当院のブログにてお知らせ致します。

この記事が参考になれば
いいね ! ボタンを押してください

お問い合わせ・ご相談

    当院の治療法や料金またはご自身の症状について、わからない点やご相談などございましたら

        • こちらからお気軽にご相談ください。

            • 治療費はいくらですか?
            • 予約制ですか?
            • どんな治療をしますか?
            • 何時頃が混雑してますか?

     

     

     

            • これまでには「連絡してみて良かった」というお声もいただきました。

              • どんな些細な事でもお気軽にご相談ください。

    お電話でのお問い合わせ

      029-872-2653

                          • お電話でのお問い合わせは受付時間内にお願い致します。

       

      フォームでのお問い合わせ(24時間受付)

LINE公式アカウント 登録のご案内
    ブログの更新状況や健康情報をお伝えします。
      また、当院との連絡手段にもご利用ください。
      友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

蛯原接骨院院長です。怪我と痛みの専門家として、教科書通りの施術ではなく、代々伝わる伝統的な施術と最新の知識・技術を取り入れて、怪我の施術を行っています。また、茨城県内では数少ない、脳と痛みの関係に注目した痛みの治療を行っています。交通事故はもちろんの事、怪我や怪我の後遺症にお悩みの方、身体の痛みに対し、何をやっても良くならない・どこへ行っても良くならないという方を、一人でも多く救いたいという思いからブログでの発信を行っています。