変形性股関節症でお悩みの方(まだ手術したくない方)へ・痛みを抑えることができると変形の進行を緩やかにすることができます(保険外対応)

変形性股関節症は比較的に女性の方に多く見られます。

痛み方や変形の具合には個人差がありますが、初期の対応次第でその方の運命が変わると言っても過言ではありません。

変形が進行していくと「手術で人工骨頭へ交換」という話が出てきてもおかしくないと思います。

変形の度合いにも個人差がありますが、痛みのコントロールを行う事ができれば、変形の進行を緩やかにできます。

今回のブログでは実際の症例をふまえて当院での施術法をご紹介いたします。

変形性股関節症とは

股関節に起きる関節部分の変形のことを言います。

まずは、痛みが先行して発症し、次第に関節の硬さが表れ、また、次第に関節軟骨の部分に変形が現れます。

原因

  • 股関節痛後の痛みの管理がうまくできなかった方
  • 臼蓋形成不全があった方
  • 仙腸関節の機能異常があった方
  • 先天性股関節脱臼があった方
  • ステロイド薬を使用していた方

などが挙げられます。

症状

  • 股関節の可動域制限(変形性股関節症における股関節の可動域制限は、関節軟骨の変形による可動域制限と股関節周囲の筋肉の緊張による可動域制限が複合して出現するものです。)
  • 変形によって脚長差(足の長さの左右差)が発生すると跛行を呈する(脚長差が大きくなると左右に揺れた歩き方になります)
  • 鼠径部痛
  • 大腿部~膝痛
  • 臀部痛
  • 股関節可動時の疼痛
  • 大腿部の筋委縮

変形性股関節症の施術方法

一般的には、物理療法・股関節のサポーター装着・また、脚長差がある患者さんは、靴を履いた時の脚長差を減らすために、靴の中敷を入れるなどの処置が施されます。

当院でももちろんこれらの施術法も行いますが、一般的な施術内容では良くならない患者さんに対しては、骨盤部の関節(仙腸関節)を調整する「AKA-博田法」を施すことにより、変形を起こした股関節の動きの改善(股関節周囲の筋緊張による可動域制限の改善)と、疼痛の管理(痛みが楽になる)が可能になります。

このような施術を施す事により、当院での施術前に撮影したレントゲン写真では、関節の軟骨の減少により関節の隙間が著しく狭かったものの、施術回数を重ねることにより関節の隙間が広くなってきた症例もありました。(すべての方に同じような結果が見られるというわけではありません)

茨城県取手市から来院された実際の症例

「AKA-博田法」を行っている施術所を探して、遠方より当院に来院された患者様がいらっしゃいました。

「AKA-博田法」とは、関節の動きを改善させることにより、痛みやしびれ、または筋肉の緊張を改善させるための手技です。

この方の場合は当院に来院する前に通院していた病院で、大腿部や臀部のトレーニングをするように指導を受けておりました。

一生懸命ご自分でトレーニングをしていたものの、痛みが強くなってどうにもならなくなり、知人の紹介で当院に来院されました。紹介者の方は「望クリニック」の住田先生の雑誌の記事をご覧になったようです。

当院来院時

痛みのために歩行に大分支障が出ている状態で、杖をついていらっしゃいました。

今までの経緯や現在の症状を詳しくお聞きし「AKA-博田法」による治療を施しました。

初診時は股関節部の炎症が強く痛みも強かったので、股関節部はあまり触らずに、骨盤部にある仙腸関節の治療をメインに行いました。

前の病院で指導を受けていた筋力トレーニングは、患部の痛みが強いので中止するよう指示を出しました。

股関節に限らず、変形が起きている関節を動かして筋力トレーニングすると、より変形が進みます。

ご本人は筋力が落ちることを心配していましたが、痛みを抑えることを第一優先とし、痛みが治まったら関節を動かさない状態で行う「アイソメトリックトレーニング」をしていただく様にお話ししました。

それと、心の不安や周囲からの様々な情報(痛くても筋トレしないと歩けなくなっちゃうよ!!というようなもの)が痛みに影響する事もお話ししました。

定期的に施術を施す事により痛みの管理が可能となり初診時についていた杖も必要なくなりました。

さらに、以前は変形により非常に狭くなっていた関節の隙間が、レントゲン写真でもしっかりと写るようになりました。

まとめ

変形性股関節症は、早期に施術を施す事により、疼痛の管理が可能となり、結果として変形の進行を緩やかにすることが可能となります。

今回ご紹介した症例のように、すべての症例で関節の隙間が広くなってくるとは言い切れませんが、変形性股関節症の施術に、仙腸関節を動かす「AKA-博田法」を組み合わせることにより、一般的な物理療法と比べ、痛みの改善や筋緊張の改善が早期に可能になります。

現在、股関節痛にお悩みの方、出産後に股関節が痛む方、股関節に変形があり歩き方に変化が出てしまっている方は「AKA-博田法」をぜひ、お試しください。

当院の院長は、現在、東京巣鴨にある望クリニックの住田先生の元で「AKA-博田法」を研修しております。

この記事が参考になったら
いいね ! ボタンを押してください

お問い合わせ・ご相談

    当院の治療法や料金またはご自身の症状について、わからない点やご相談などございましたら

        • こちらからお気軽にご相談ください。

            • 治療費はいくらですか?
            • 予約制ですか?
            • どんな治療をしますか?
            • 何時頃が混雑してますか?

     

     

     

            • これまでには「連絡してみて良かった」というお声もいただきました。

              • どんな些細な事でもお気軽にご相談ください。

    お電話でのお問い合わせ

      029-872-2653

                          • お電話でのお問い合わせは受付時間内にお願い致します。

       

      フォームでのお問い合わせ(24時間受付)

LINE公式アカウント 登録のご案内
    ブログの更新状況や健康情報をお伝えします。
      また、当院との連絡手段にもご利用ください。
      友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

蛯原接骨院2代目院長です。怪我と痛みの専門家として、教科書通りの施術ではなく、代々伝わる伝統的な施術と最新の知識・技術を取り入れて、怪我の施術を行っています。また、茨城県内では数少ない、脳と痛みの関係に注目した痛みの治療を行っています。交通事故はもちろんの事、怪我や怪我の後遺症にお悩みの方、身体の痛みに対し、何をやっても良くならない・どこへ行っても良くならないという方を、一人でも多く救いたいという思いからブログでの発信を行っています。